Complete text -- "タヒチ日記 20071121-2"

16 December

タヒチ日記 20071121-2

 今日は、大家さんに頼まれていて、寿司を作る予定
だったので、昼までで帰る予定でした。真珠の出品者
と、入札者には食事が付くので食券を配りに来たが、
どちらでも無いので辞退した。
「じゃー、そろそろ帰りますか」と、会場を出ると
真珠大臣とバッタリ。
「おー、コキー。飯、食ってけー」
「食券が無いねん」
「あるぞー」
取りあえず、大家に電話をすると、「何人招待するか
解らないので、人数が決まったら電話する」
との事なので、お昼を頂く事にする。
食券を貰いに真珠大臣を捜すと、ガードマンが門番を
している部屋に居るので、ガードマンに、
「大臣、呼んでくれる?」と頼むと、
「入ってもよいよ」と、部屋に入れた。
「大臣、食券くれ」
「秘書に、頼んでみろ」
と言うので、既に食堂でご飯を食べていた、秘書に頼む。
「食券くれ」
「私持ってないよ」
「大臣が、お前に頼めって言っていたよ」
と言うと、
「大臣がヤレって言っているから、食券あげて」
と、先ほど、食券を配っていたお姉さんに言って
くれた。
「食って、すぐ帰ったらアカンで」
「あー、はいはい」
ビュッフェ式で、可もなく、不可もなくって所かな。
食事の担当者がやたら愛想が良くて楽しかった。
席に付くと、知らないタヒチアンのお姉さんが、
「あらー、こんにちは」と、挨拶に来た。
うーんと・・・多分、真珠大臣のお坊っちゃんが
洗礼祝いの食事会したときに会ったんだっけ?
どこかで会った記憶はある。

 思ったより早く入札会は終わり、売れ残った真珠
を眺める。
と、フランス人のお姉さんに話しかけられた。
「フランス語話せる?」
「ほんのちょっとな」
「お店をしているの?」
「いや、大臣とこで働いているので・・・」
「あらそうなの」
「なんで?」
「いや、別に」

09:41:00 | hkoki | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック